ただ処分するのはもったいない?賢い遺品整理術とは

故人の遺品整理は家族にとって必要な時間

遺品整理は焦らずに行おう

家族の誰かが無くなってしまった時に遺品整理をしなくてはいけません。 そんな時に家族だけでは大変な場合がありますよね。 業者を呼んで早めに処分したらよいのか、個人が他界する前に遺品整理をした方が良いのかを、経験者の意見、気持ちと共に紹介していきましょう。

今どきの遺品業者のありがたいサービス

個人が大切にしていた思い出の物を簡単に処分することはなかなか難しいですよね。 最近の遺品整理業者はそんな保存しにくい物も工夫して遺族に渡すサービスがあります。 仕方なく捨てるといった事はしないで工夫されたサービスを紹介します。 それも踏まえてよい業者の見分け方も紹介しましょう。

経験者の意見から遺品整理の必要性を知る

皆さんは大切な家族が亡くなった経験はありますか?
私の経験した話を少しだけ紹介します。
私は大切な家族を急に亡くした経験があります。
亡くなってからもうかなりの月日は経っていますが、後悔していることは本当に沢山あります。
亡くなってから遺品を整理するまでに正直7年かかってしまいました。
なぜなら、遺品整理をいつかしなければいけないのは十分わかっていました。
しかし目を背いていたのです。
あの時の記憶を思い出したくないといった気持ちが大きかったのです。
しかし遺品整理をすると、片づけをしながら故人との思い出に花が咲き、なかなか進まないものの、終わってみたら遺品整理が終わったという達成感でいっぱいでした。
人の死は本当に大変辛いものです。
受け入れる事は本当に時間がかかっても仕方ない事ですので、まず焦らずに、自分のペースでやっていきましょう。
家具は流行に敏感なためなかなか中古品としてお金にならないことが多いようです。
衣類は最初から処分することをお勧めします。
処分が大変なものは業者に頼み持って行ってもらい、リサイクル対象のものも、全部一気にやってもらえるところを選ぶのが良いでしょう。
金額は家の大きさ、持って行ってもらうものや運ぶ条件などで違ってきてしまうので、業者のホームページで料金シミュレーションができるサイトで確認をしたり、直接電話やメールで問い合わせをして、自分にあった業者を探してください。
ひとつの業者ですぐ決めずに、何件か問い合わせをして総合的な評価で予約する業者を決めてみてはいかがでしょうか。

Link

生きているうちに整理しておく本人と家族の気持ち

自分の死期がわかったときにあなたなら、身の回りの物をかたずける余裕はありますか。 死ぬ覚悟を決めた時にこんなにも人は強いのかと思ってしまいます。 生きているうちに遺品整理をする必要性やそれを手伝ってくれる業者をサービス内容や料金と共に紹介していきましょう。