故人の遺品整理は家族にとって必要な時間

>

遺品整理は焦らずに行おう

遺品整理をした人はどのような思いだったか

実際に故人の残した遺品をかたずけた方の素直な意見です。
かたずけを経験した人の中には一か月以上かかってしまった人が結構いました。
なぜなのか理由を聞くと、遺書ではないのですが、故人の手帳が見つかり、自分が亡くなった後に遺族にお願いしたいことが記載されていて、処分してほしくないものが書かれていた用です。
遺族としては処分しようと思っていたものなので、故人の思いを尊重すべきか、それを誰が引き取るのかで話し合いが続き、長期間になってしまったというわけです。
このように急に亡くなってしまったり、不慮の事故以外は、遺品整理にかなりの精神的な疲労がのしかかってくるようです。
もし保存する場所があるのであれば無理に処分することなく、取っておくのも一つの選択肢として、思っていた方が良いかもしれません。

遺品整理は故人を思い出し懐かしむ時間

もしも自分の家族の誰かが余命宣告されて、自分の死期を知ってしまった人が、何食わぬ顔で身の回りの整理をしていたらあなたはどう思いますか。
経験者の声を聴いてください。
確かになくなった後に遺品をかたずける必要がありませんでした。
しかし、もっと休んでほしかったですし、悔いが残らないように行きたい場所や食べたいものを食べて、人生の幕を閉じてもらいたかった。
不安な顔一つしないで自分の身の周りの物をかたずけている姿に辛かったです。
これが実際に経験した遺族の気持ちでした。
遺品整理は、確かに大変ではありますが、個人との思い出を話す時間なのかもしれません。
大変なところは業者に手伝ってもらい、遺族で昔の話をしながら、物の整理と気持ちの整理をする大切な時間なのかもしれません。