故人の遺品整理は家族にとって必要な時間

>

生きているうちに整理しておく本人と家族の気持ち

自分のものは自分で処分し整理整頓する

人が亡くなるまでの期間があとどれくらいあるのか知ってしまった人は、自分で身の回りのものを整理する人がとても多いようです。
最後の時までゆっくり過ごしてほしいという家族の思いも分かりますが、本人からすると自分が死ぬことで、家族に迷惑をかけたくない、できることはすべてしてから自分の人生に幕を下ろしたいなどと、どこか冷静に考えられる人が多いようです。
いいえ、本当は冷静に装っているだけかもしれませんが、自分の人生の期限が分かった時点で、人間というものは、最初は落ち込んだとしてもどこか冷静さを取り戻す力を持っているのかもしれません。
そんな方のために一緒に身の回りの整理をしてくれる業者は年々増えています。
一人で全てやるよりも誰かに手伝ってもらう方が良いと考えるべきです。

故人にとって覚悟をする時間かもしれません

自分のものは自分で処分してか死にたいという方が結構いらっしゃって、珍しい事ではないのは、生前に遺品整理を行った方が圧倒的にかかってくる料金も違ってきますし、何よりも本人のものなので、ある程度自分でやってから業者を呼び必要な物だけ処分してもらえます。
家族が亡くなってから遺品整理をするのに業者を呼んで行うよりも確実に安く済みます。
遺品整理は思っている以上に大変ですので、業者が行っているサービスを必要な分だけ頼み、無駄なお金が発生しないようにすべきなのでしょう。
残された遺族で故人との思い出を話すのも大切な時間なのですが、亡くなる前に、私物を一つ一つ手に取り死ぬ覚悟を決める大切な時間なのかもしれませんね。